読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Have A Lovely Day !!

直感に任せてわくわくしながら生きていく。

『快画塾』で脳のヨガをしたら子供脳に戻った話

 

全国的に梅雨も明けて、いよいよ本格的な夏が到来しましたね。

暑い日が続きますが、夏バテにならないよう注意してくださいね。

 

さて、色々吹っ切れたので、久しぶりにがっつり絵を描きたいなぁと思っていた矢先に、私の大好きな行きつけのブックカフェ、スタンダードブックストアにて、木村タカヒロさん主催の『快画塾』というイベントがあることを知り、早速参加してきました。

 

スタンダードブックストア@心斎橋:【EVENT】7/30 11:00 『木村タカヒロの快画教室 Vol.05』@スタンダードブックストア - livedoor Blog(ブログ)

 

『単に絵の描き方を学ぶだけでなく、凝り固まった頭をほぐし、既成概念をきれいに取り去ってくれる、まさに目から鱗の講座です。

短時間で自分のなかに眠っている絵の才能を引き出す方法を教授。
「本格的に絵を習ったことないから絵を描くのが苦手」と思っている人でも、ものの見方、脳の使い方、意識の持ち方を変えるだけで、すぐに描けるようになりますよ。』

という説明書きに惹かれて参加したのですが、本当に面白くて、こんな描き方や考え方もあるんだなぁと発見したり、驚きの作品が出来上がったり…あっという間の2時間半でした。

 

絵を描くことはもともと小さい頃から好きで、極めたいと思っていたのですが、高校進学のときに美術学校の体験入学をした際、【ひとつのモチーフを2時間かけて模写する】という授業を受けて、「私にゃぁこりゃ無理だ~~」って諦めちゃったんですよね。

もっと自由に、好きなように描きたかった。

描きたくないものを2時間もじっと見つめて描くことが苦痛で仕方がなかった。

(まだ幼かったので…。今では模写の重要性も分かりますよ!笑)

それ以来、絵は自分の好きなように趣味で描く程度にしか嗜んでいなかったのです。

ですが、趣味の絵を描いていても、「なんか違うなぁ~…もっとなんかないかなぁ~…」とずっと思っていて。

上手な絵を描きたいとは思うけれど、上手な絵を描ける人って沢山いるじゃないですか。

だからもっと、自分らしい自分だけにしか描けないような絵を描きたいなって、漠然と思っていたわけです。(大した努力はしていないのに…苦笑)

 

去年くらいに描いたファンアート↓

f:id:runeko_69:20160731144137p:plain

24歳の時に描いた、好きなものだけを詰め込んだイラスト。

twitterのヘッダーに使っていました。

趣味丸出しすぎですねぇ。全部分かる人がいたらすごい!友達になりましょう。

でも、1年で大分趣味的なものも変わっちゃったなぁ~と思います。

 

少し話がずれてしまいましたが…。

とにかく、絵を描くことについての刺激が欲しくて参加したこのイベント。

想像以上に自分が脳内で色々と考えすぎながら描いていることが分かりました。

見たまま描くって意外に難しいのですねぇ。

木村さんの言葉に従って、徐々に頭のリミッターを外していったら、1時間後には全く新しい、見たこともなければ描いたこともない絵が完成していました。

 

f:id:runeko_69:20160731211319j:plain

 

あっはぁ!おっもしろ~~~~~いです!!本当に!!!

最後に描いた絵はね、もう何も迷うことなくさらさらっとペンが動いておりました。

吹っ切れたのでしょうね~。でも最後の絵が一番面白いと思う。

そして、参加されていた皆さんも、私と同じように色々な進化を遂げられていました。

一人ひとり、同じものをモチーフにしているにも関わらず、似たような絵が一枚もないのも面白かった。

まるで子供の頃に戻ったような感覚で、次はどんな絵に仕上がるのだろうとワクワクしながら描いていました。

 

 

自宅に帰って、母と妹に「子供の頃に戻ったみたいで楽しかった~」と報告していたら、母が「小さい頃はたくさん絵の賞とかもらってたで。賞状とか作ったやつもちゃんと残してるから見てみぃ」と言って、押し入れからぱっと出してくれた作品の中で、ひときわ輝く光を放っていたのがこちら。

 

中学生のころ制作した点描画。当時大好きだったL'Arc〜en〜Cielのてっちゃん。

f:id:runeko_69:20160731175407j:plain

 

高校生のころ制作した多分版画?熱狂的に追っかけていたthe GazettEのメンバーたち。

f:id:runeko_69:20160731175413j:plain

 

「うわなにこれめっちゃ楽しんで作ってるやん!!!!!」

これを制作したこと自体、すっかり忘れてた。びっくり。

それにしてもこれ、めちゃくちゃ「愛してるねん!」っていうのが伝わってくるわ。笑

子供の頃ってこんな楽しいことしてたんやなぁ…。なんだか羨ましい。

大人になるにつれて色々なものに縛られて、自分の作品を作る機会が少なくなってしまったけれど、こういう作品を残しておいて、10年後や20年後に、制作した当時の自分のことを振り返ることができることは、なんだか素敵だなぁと思う。

またこういう作品を作りたいなぁと思いました。

木村さん、素晴らしい体験と、懐かしい思い出を振り返る機会を作ってくださりありがとうございました!

 

木村さん曰く、「自分の絵っていうのは作るものじゃなくて出てくるもの」。

早速、快画塾で習った6分お絵かきに挑戦中です!

 

 

近々、オンラインでも指導していただけるようになるそうですよ↓

flyingdragon.me