読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Have A Lovely Day !!

直感に任せてわくわくしながら生きていく。

瞑想を始めたらやるべきことが明確になった

こんばんは、るねこです。

あっという間に4月…!本当に月日が経つのは早いですね。

 

3月前半がこれでもかというほど体調が悪く、精神的にも辛く、そしてひたすら眠いという状態が続いており、なんだこれはと思っていたら、どうやら転換期だったようで。

 

その頃に読んだ本の中に瞑想をすすめているものがあり、今まで瞑想には見向きもしていなかったのだけれど、そういう自分の身体や心がしんどい時に出会ったからこそ救いを求めて試してみたらとてもよく効いた。多分、瞑想をさせるためにそんなひどい状況に置かれたんだと思う。

 

 

 そして今まで一番きつい生理痛があった。もともとひどい方ではあるけれど、あんな激しい痛みははじめて。よくあれで無事に帰宅できたもんだよ全く…。その痛みと引き換えに(?)また新しい本が手元にやってきた。

 

運のよさは「瞑想」でつくる

運のよさは「瞑想」でつくる

 

自分なりに瞑想をしてみたはいいものの、ただ目を瞑って心を無にして呼吸に意識を向けているだけで本当に合っているのかが分からなかったので、この本の中で紹介されているソーハム瞑想をやってみた。詳しいやり方は省くけど、自作の「意図と願望リスト」に目を通し、自分の楽な姿勢で座って目を瞑り、20分間自分の吸う息にソー、吐く息にハムと心の中で音を乗せるだけ。瞑想への導入の音源もついているというので早速試してみたら、自分なりの瞑想とは全く違う。吃驚するほど20分があっという間。これはすごい。

効果も結構あり、物事のタイミングがぴたっとハマったり、心が落ち着いてきて慌てたり苛立つことが激減した、と思う。

瞑想中にどんな雑念が湧いたかとか、どんなシンクロニシティや直感があったかを把握しておきたくなって瞑想ノートを作って記録するまでになった。見返してみるとかなり面白い。

 もっと瞑想のことを知りたくなって、著者の渡邊さんが直接指導してくださる原初音瞑想講座にも申し込んでみたりした。講座は5月に行われるので非常に待ち遠しい。

 

 

あとは瞑想をやり始めてからなぜかずっと頭を離れないことがあって、「オーストラリアに帰りたい、そしてメルボルンに滞在する」ということ。この土地は以前ワーホリのセミナーで聞いたことがある街だけれど、ヨーロッパ調の街並みにたくさんのカフェがあってええな~くらいで、別に行きたい!というような関心はなかったはず。とにかく分からないので行動するしかないなと思って、約8か月ぶりにワーホリのセミナーに行って話を聞いてきた。話を聞いてみて、魅力ある街だと思うけれどそこまでこれや!っていうときめきはなかった。なんでやろ、と思っていたら、帰りに寄った本屋でこの本を見つけて、開けた瞬間、動悸がした。

地球のハート タスマニアの精霊から届いた「超」パワーヒーリング(超☆はぴはぴ)

地球のハート タスマニアの精霊から届いた「超」パワーヒーリング(超☆はぴはぴ)

 

すぐにiPhoneでオーストラリアの地図を見た。メルボルンの、真下に、タスマニアがあった。私はここに行くために、メルボルンに行く必要があるんだなと直感で思った。他にもシンクロニシティメルボルンに関することを良く見るようになった。そしてメルボルンで語学学校まで行かせようとしているらしい。笑 タスマニアに行く前に、英語を学んでおかせようとしているような気がする。

 

 

あとはふらっと出会った占い師に、「これからはスピリチュアルな世界を理解している自分をもっと出していくべきだ」と言われた。今、本来の自分が外に出せていないから、もやもやしていて我慢が効かない状態だと。スピ世界のことをもっと知って経験を積むべきだし、パートナーや友人もスピ世界のことを理解している人と繋がっていくべきだよ、と。ふむ。そうなんだよね、自分でも薄々分かってはいた。自分をさらけ出したい。もっと。自分からそういう場に足を運んで行かなきゃ。多分、英語を学ばせようとしているのも、日本だけじゃなくて海外でもスピ世界について学ぶ必要があるからだと思うわ。うん。

 

今の私にできること、どんどんやっていかなくちゃ。惜しみなく。